なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「黒トリュフspecial(鶏清湯)+炙りチャーシュー丼」@Mari iidaの写真2018/8/29

北海道で最初にこちらに行かなければと思って、仕事の時間よりも早めに移動してこちらに寄った。
関東のラーメン屋をかなり食べ歩いて自分の作りたいラーメンを研究されてるとか。
メニューは気になっていた、黒トリュフ。
こちらは、鶏と豚のベースから選べる。ってことで鶏をチョイス。
炙りチャーシュー丼は山わさびが乗るもので、北海道らしさがあるのでこちらも注文した。

■スープ
鶏がベースに野菜と魚介のバランスの取れたスープ。
そこにトリュフがふわりと香るんだけど、やはり独特の風味が主張するね。
じんわりとした美味いベースなので、黒トリュフはほんの少しで良いのかもしれない。
■麺
細麺のストレート。しなやかでシルキーなタイプ。
モニュというよりはプリンな食感ですすり心地が良い。
■具
豚レアチャーシュー、穂先メンマ、ねぎ2種、味玉。
レアチャはかなり美味しい。
見た目にも関東にかなり近いビジュアルで、かなり研究されているのだなと感じた。

色々な都内のラーメン屋の話もしたりと情報交換をしました。
来られてよかった。
とはいえ、いまあるメニューを食べられるのは4月までとのこと。
5月からはメニューを刷新するそうだ。新しい味にも期待したい。
ということで、7月に北海道に行くことが確定しているので、再訪したい。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン…870円」@すみれ 札幌中の島本店の写真2019.1.12夜 自身3度目となる岐阜タカシマヤ11階の「はんつ遠藤の北海道ラーメンリレー」出店中の同店へ。味噌・醤油と来て遂に基本メニュー3種をコンプリート。土曜という事もあってか、17時半を回っての到着にも関わらず外待ちアリという盛況ぶりは圧巻。

チャーシュー1枚に加え白く四角い蒲鉾が乗るのは醤油と共通。塩ダレと一緒に北京鍋で火入れしたスープと、熱々のラードが一体になる事による軽やかさは、嘗ての『満留美(大垣市、現在は麺味)』に通ずるものを感じる。

そこに中太ちぢれ麺が合わさり、塩ラーメンには珍しいゴツゴツとした食べ応えに。当然と言えばそれまでだが、やはり味噌や醤油よりベースの旨みがダイレクトに伝わり、そこにラードや香辛料によるパンチが加勢。強靭なコシを有した麺をドシドシ食わせる、規格外の牽引力は流石。

塩ラーメン=あっさりという固定概念をぶっ壊す、王者にしか作れない一杯だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「醤油ラーメン」@名水ラーメン 厚別店の写真久しぶりの名水ラーメン。厚別警察署近くの12号線のボーリング場横の掘っ建て小屋。数年前に食べて残念だった時から変わったか確かめてみる。色々色紙が貼ってあるので、皆んなは美味しいと思っているのだろうか。やはり、スープは化調入りの舌ピリピリ。麺やモヤシのちぎれたのが多いのは頂けない。水は京極の名水を使っても、スープや麺に工夫があって欲しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「ハーフラーメン 味噌」@富川製麺所 新千歳空港店の写真・訪問回数:初の訪問。
・店の場所:千歳空港の3階出発ターミナル内にある。
・店の外観:フードコートチックな外観、一枚板の看板、写真付きのメニュー。
・駐車場 :空港に多数あり。
・席   :テーブル・カウンターで約120席ほど。
・客数  :遅めの昼飯時、自分以外18人。
・店員  :調理の男性1人女性1人。
・注文方法:受付のメニューから選択して注文。
・注文品 :ハーフラーメン 味噌(600円)
・丼着時間:待つこと5分ほどで丼を受領。
・具   :チャーシュー(1枚)、刻みキクラゲ、炒め野菜(キャベツ、タマネギ、豚肉)、刻みムラサキタマネギ、斜め切りネギ。
・麺   :細、断面は正方形、少し黄色っぽい、縮れ、プリプリした食感でこんにゃく感もする感じ。
・スープ :見た目は、油がたっぷり浮いた濃い濁りのある白みがかった茶色。喰ってみると、味噌味。出汁のベースは魚介系っぽい感じだが弱い。喰い進むとようやく麺への絡みがよくなってくる。
・その他 :
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌バターコーンラーメン」@味噌キッチンの写真・訪問回数:初の訪問。
・店の場所:千歳空港の3階にある。
・店の外観:居酒屋チックな外観、メニューのディスプレイ。
・駐車場 :空港に多数あり。
・席   :テーブル・カウンターで約80席ほど。
・客数  :早めの昼飯時、自分以外18人。
・店員  :調理の男性2人、接客の女性1人、会計の男性1人。
・注文方法:卓上のメニューから選択して注文。
・注文品 :味噌バターコーンラーメン(1080円)
・丼着時間:待つこと3分ほどで丼着。
・具   :チャーシュー(1枚)、メンマ、炒め野菜(モヤシ、挽肉)、ワカメ、コーン、バター、ネギ。
・麺   :細、断面は正方形、少し黄色っぽい、縮れ、プリプリした食感。
・スープ :見た目は、油がたっぷり浮いた濃い濁りのある白みがかった茶色。喰ってみると、味噌味。ニンニクの風味が際立ち出汁には旨味が感じられない。バターが解けるとコクが出てくるバター頼みの汁。
・その他 :高いんだからもっと気合の入ったのが食いたい。
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担担麺 シビれる」@175°DENO担担麺 札幌南口店の写真・訪問回数:初の訪問。
・店の場所:JR北海道千歳線札幌駅の南東、北5条手稲通沿いにある。
・店の外観:白い看板・暖簾、外はダミー店で本物は建物の中。
・駐車場 :見当たらなかった。
・席   :カウンターで14席ほど。
・客数  :昼飯時、満席待ちが自分1人。
・店員  :調理の男性1人、補助の男性1人女性1人。
・注文方法:券売機から選択して注文。
・注文品 :汁なし担担麺 シビれる(800円)
・丼着時間:待つこと4分ほどで着席、さらに待つこと5分ほどで丼着。
・具   :炒め挽肉、カシューナッツ、干し海老、水菜。
・麺   :太、断面は長方形の幅広ビロビロ、少し赤色っぽい、縮れ、柔目のモチモチした食感。
・スープ :見た目は、オレンジ色の油がたっぷり浮いた濁りのある茶色みがかったクリーム色。喰ってみると、担々麺味。ゴマナッツテイストにラー油の辛みがあり、よく混ぜると山椒の痺れ、干しエビの香ばしさ、カシューナッツのサクサク感なども加わりイイ感じ。
・その他 :
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「〆のハーフ拉麺 味噌」@けやき 赤れんがテラス店の写真・訪問回数:初の訪問。
・店の場所:JR北海道千歳線札幌駅の南、札幌駅前通から少し西に入ったところにある。
・店の外観:ごちゃごちゃした看板。
・駐車場 :見当たらなかった。
・席   :テーブル・カウンターで多数。
・客数  :昼飯時、自分以外不明。
・店員  :調理場の男性3人、補助の女性1人。
・注文方法:受付のメニューから選択して注文。
・注文品 :〆のハーフ拉麺 味噌(580円)
・丼着時間:待つこと15分ほどで丼着。
・具   :炒め野菜(キャベツ、モヤシ、ニラ、メンマ、挽肉)、白髪ネギ。
・麺   :細、断面は正方形、透明感のある少し黄色っぽい、縮れ、プリプリした食感。
・スープ :見た目は、黄色い油がたっぷり白ゴマ・トウガラシ片が少々浮いた濃い濁りのある茶色みがかった白色。喰ってみると、味噌味。出汁のベースは動物系な感じ。味噌も薬味もイイ感じに効いているが、麺に絡むと弱い感じ。
・その他 :ラーメン屋なのか何屋なのかわからない。
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し醤油ラーメン 中盛」@札幌背脂煮干し 寺壱商店の写真背脂煮干し醤油ラーメン。中盛り100円増しで800円。麺がひと玉半でどんぶりは一緒なので、スープが少なくなるのが弱点。旨いスープなので、少ないのは嫌なので、普通盛りでいい。薄っすら浮いた背脂が、多過ぎないので、煮干しの風味が損なわれず絶妙。かと言って、煮干しの風味が前に出過ぎないので旨い。隣で塩ラーメンを食べている嫁さんのスープを少し頂いたら、背脂煮干し塩ラーメンも美味しい。是非煮干しスープ好きの方は、御賞味あれ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーラーメン」@ちゃっちゃ屋 無限の写真・訪問回数:移転前を含めると2回目の訪問。
・店の場所:JR北海道千歳線千歳駅の北東、千歳市立日の出小学校のすぐ北東にある。
・店の外観:電光看板、白い暖簾。
・駐車場 :5台分くらいあり。
・席   :テーブル・カウンターで22席ほど。
・客数  :夕飯時、自分以外6人。
・店員  :調理場の男性1人、補助の女性1人。
・注文方法:卓前に張られたメニューから選択して注文。
・注文品 :カレーラーメン(850円)
・丼着時間:待つこと8分ほどで丼着。
・具   :チャーシュー(1枚)、メンマ、味玉(半分)、粉チーズ、白髪ネギ。
・麺   :太、断面は長方形、茶色っぽい、軽い縮れ、プリプリモチモチした食感。
・スープ :見た目は、赤みがかった茶色の油がたっぷり浮いた濃い濁りのある赤色みがかった茶色。喰ってみると、カレー味。汁の中にモヤシ・挽肉・香辛料がたっぷり溶け込んだ感じでスパイシー。喰い進むと徐々に体がホカホカしてきてイイ感じ。
・その他 :
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ベジポタ塩」@ベジポタラーメン Jillの写真・訪問回数:移転前を含めると2回目の訪問。
・店の場所:JR北海道千歳線千歳駅の北東、千歳市立日の出小学校のすぐ北東にある。
・店の外観:黒っぽいタイル調の壁、白い看板・暖簾。
・駐車場 :4台分くらいあり。
・席   :カウンター・座敷で23席ほど。
・客数  :夕飯時、自分以外6人。
・店員  :調理場の男性1人、補助の女性1人。
・注文方法:卓上のメニューから選択して注文。
・注文品 :ベジポタ塩(730円)
・丼着時間:待つこと5分ほどで丼着。
・具   :チャーシュー(1枚)、レンコン、刻みタマネギ、揚げネギ、青ネギ。
・麺   :中細麵をチョイス。細、断面は正方形、透明感のある少し白色っぽい、軽い縮れ、モチモチクニュクニュした食感。
・スープ :見た目は、油がたっぷり浮いた濁りのある黄色みがかった白色。喰ってみると、クリームポタージュをサラサラにした感じの味。ニンニクの風味が程よく効いていて、具が混じると香ばしさやシャキシャキ感が出てきて旨い。後半はジャガイモ感が効いてくる。
・その他 :
堪能した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件