なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おゆ・Sometimes

男性 - 東京都

俺等はドラマー♪ラオタなドラマー♪出汁とカエシが嵐を呼ぶぜ!

平均点 85.195点
最終レビュー日 2019年10月16日
1,215 308 4 21,610
レビュー 店舗 スキ いいね

「長月限定・手作り牛脂で和牛和え蕎麦 トマトを添えて」@MENYA 食い味の道有楽の写真*上には上が…

9月下旬の週末。有志で集い標題に。

A5かつBMS10以上との極上和牛は、
仙台牛のカイノミと米沢牛のボンショー。

そのミディアムレア・ステーキがドーン。

それからの牛脂に、当店ならではの塩ダレ。
そこに忍ばせた粒山椒と実山椒も心憎い演出。

総じて、上には上があるものだと感嘆♪♪

3000円でしたが、
有難き、お値打ち破格に思いました。

御馳走様でした。

なお、写真にはないコチュジャンも鉄板なり。

<蛇足:贅沢な悩み>
もはや、普通の焼肉店では満足できないかも。

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 35件

「特製塩らーめん ¥1000」@純手打ち 麺と未来の写真*愉快なガラパゴス

9月下旬の某日に、
1年5ヶ月ぶり・2回目の訪問。
愉快でしたねぇ...。


写真左上の自家製麺...改めて独創的。

高加水で太くて短めで、
すいとん・ライクな形状。

表面はムニュとしたふんわり食感。

芯にはモチモチとした確りめのコシ。

風味は、饂飩・ライクな小麦の甘味。

噛んで美味しい麺と申しましょうか。
「喉越し」よりも「咀嚼」の麺ですね。

それに絡む塩清湯は、
キリっとした塩の引き締めが好印象。
キレある塩とインパクトある麺との、
せめぎ合い的な共演が楽しいです♪

スープの序盤は鶏ウマミが優勢ですが、
温度が下がるにつれ、貝ウマミが追従。
奥行きが広がっていきます。
帆立かな?の仄かな甘味も感じます。

プリプリ・海老雲呑からは胡麻油風味が、
コリコリ・メンマからは柚子風味が、
こぼれてきての味変…粋に思います。

味玉の黄身の甘味が、
スープの塩味への良きコントラスト。

薄切りながら、ウマいバラ煮豚。

三つ葉・白髪葱は良き薬味陣。

●おわりに

「喉越し」より「咀嚼」の自家製太麺と、
キレある塩清湯との、せめぎ合い的共演。

好みが別れるかもしれませんが、
ワタクシには愉快でした♪

独自の生態系のガラパゴス島の様な当店。
機会があれば、再上陸してみようかと。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (24) | このお店へのレビュー: 2件

「鴨中華そば (塩) ¥850」@満鶏軒の写真*鴨100%の清湯

9月上旬。1年2ヶ月ぶり・2回目。

標題に初対面。醤油・塩から後者を。
因みに、前回はフォアグラ油そばでした。


●スープ

やはり、これにて、より、しっくり。

こちら。卓調は予め置かれていません。

その代わり、カウンターには、
山椒・わさび・生姜・柚子胡椒を、
ご希望の方はスタッフまで...との案内。

そこで、山椒をリクエスト。
それが、スープの引き締めに有用でした。

店内POPによれば、
鴨と水だけのスープに1滴のフォアグラ油。

塩の解説まではありませんが、既報によると、
岩塩のみの味付けで、塩ダレ不使用だとか。

とすれば、独創的な試みに思いますが、
思いの他、鴨ダシは穏やかで、
私的には、物足りなく感じました。

更には、思いの他、塩も円やか。
円やかな事自体は良いのですが、
この鴨清湯なら輪郭がもう少し欲しいところ。

それらの為か、中盤以降には飽きも…。

鴨肉上の柚子おろしがある程度有用なれど、
山椒追加にて、しっくりとした次第です。

●その他

前述のスープは適度に熱々。

麺の茹で加減もジャストです。

その麺は加水低めの細ストレートで、
パツリ&ツルリとスープを引き立てます。
既報によれば、カネジン食品製。

BPがちょいとかかる鴨肉は、
POPによれば、低温調理→燻製との事。

中央のロースと左奥のモモが2つずつですが、
他店では珍しく思うモモが良かったです。

小松菜の茎部分。
コリコリな歯応えは良いのですが、
青苦味には乏しくて、もうひとつ。

白葱が色紙切りなのは、
スープに干渉し難くて、良いですね。

御馳走様でした。機会があれば、醤油にも。

*蛇足

この日の第1候補は、
麺魚錦糸町PARCO店の限定の、
冷やし縞鰺油そばでした。

銀プーさんレポで気になり、早速翌日に。
がっ、店員さんに呪文を唱えると終了後。

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 2件

「ワンタンメン(塩)¥880&味玉¥120」@支那ソバ 小むろの写真*初訪問

約2ヶ月前の7月中旬・14時前。
中待ちシート5+外待ち4名に接続。
約40分後にカウンター席へ。


出身店のかづ屋にはない<塩>に、
肉ワンタンと味玉を付けました。

おぉ、このスープ…。

じんわりじわじわと沁み入り、
ほっこりと癒される様な塩清湯です。

複層的に味を重ねた和出汁を、
塩ダレが円やかに引き立て、
柔らかでスッキリな飲み口。

チンタンおじさんの心の琴線に触れます♪

自家製麺は高加水・角形の中細ストレートで、
プリモチ・ツルリとスープにナイス・マッチ。

具材陣も各々にハイ・レベル。

縁の赤い焼豚が2枚。
写真奥がモモ、手前がロースかな。
低温調理にはない良さを再実感。

肉ワンタンは4〜5個。
生姜風味のジューシーな肉餡に、
チュルリンな薄皮で、期待値通り。

味玉には醤油風味が良く染みています。

他は、メンマ、焼き海苔、白葱。

卓上に出身店と同じ揚げネギを発見。
ちょいと試すと、この<塩>には今ひとつ。
<醤油>の方がマッチする様に思いました。

●おわりに

回転良好とは言えませんが、
白い割烹着を纏った御店主の、
丁寧な調理ぶりを拝見して、納得しました。

丁寧乍ら澱みが皆無なのも素晴らしいし、
出身店よりお手頃価格なのも嬉しいところ。

私的には、これに、
海老ワンタンもあれば、鬼に金棒かと。
この<塩>にも、お似合いな気がして…。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「[夏季限定] 鯛昆布水つけ麺(塩で)¥1500」@生粋 花のれんの写真*涼しくなる頃迄との夏季限定 (1日15食)
・塩・醤油から選べます。

標題のモチーフは2017年の2周年限定。
・天然鯛と地鶏の塩つけ麺 ¥1200
https://ramendb.supleks.jp/review/1078980.html


その時よりお高めながら、
「高いがウマい」塩つけ麺です♪


●新規の実家製麺

奥様のご実家である、
製麺所「山口や」の特注で、
自家製ならぬ実家製麺です。
*レギュラーの麺も同様

標題では、新規の専用麺で、
道産小麦の「麺のひな歌」を、
初めて使ってみたとの事。
全粒粉入りでなくとも茶褐色なのは、
この小麦の特性だそうです。

角形の細ストレートで、
従来より細めに思いますが、
エッジが効いてミチっとした凝結感。
食べ応えがあり喉越しの良いイケ麺です。

●天然真鯛の鯛昆布水

麺が浸かるヒンヤリとした出汁水は、
天然真鯛のあらと羅臼昆布で引いたそう。

小麦の風味の良い麺を啜ると、
鯛のウマミが相当に効いていますよ!
それでいて、鮮魚臭皆無で、飲み口すっきり。

まるで上品上等な鯛のすまし汁のよう。

自称チンタンおじさんの味蕾が歓喜し始めます♪

●地鶏の鶏塩清湯のつけダレ

地鶏はデフォの汁そばと同じく、
比内地鶏や青森シャモロック等。

麺をdipすれば、鶏油がコクを、鶏出汁が厚みを。

素晴らしきラーメン・ワールドが、
鯛・昆布・鶏のウマミの輪と共に、広がります。

塩ダレは尖りなくキリッと程良い引き締め。

余計な酸味や甘味がないのも良いですね。

●トッピング

麺皿は小粋な和の趣き。

天然真鯛の昆布締めがメチャウマ♪
手間を施した江戸前寿司のようで、
生の鯛刺しより私的に嬉しいです。

2周年では確か1切れでしたが、
標題は3切れに。そのカットもより大きめ。

昆布締めの上の青柚子の皮は、
提供毎のカットで添えられます。

焼き海苔も上等。
日本橋で160年以上続く、
海苔専門店から仕入れるそうです。

大葉と茗荷は期待通りに相性抜群。

一方、つけダレには、
鶏もも肉と竹の子が浸かり、
千住葱が散りばめられています。

鶏ももはジューシー。
竹の子はコリコリ。
千住葱は風味良し。

●スープ割りの代行

出来ない為、蓮花割りで代行。

蓮花につけダレをほんの少し取り、
そこに鯛昆布水を入れるやり方です。

昆布水をつけダレに入れるよりも、
好みで調整し易く、塩っぱくなりにくいので。

●おわりに

開店時からの当店のコンセプトは、
「無化調」
「純国産」
「天然素材」

更に食材に加え、食器にもこだわりが...。

天然石コーティングで有害物質不使用の、
「森修焼(しんしゅうやき)」に変えたとの事。
赤外線やマイナスイオンで素材が引立つそう。
https://www.shinshuyaki.com

この7月で4周年を迎えましたが、
今年は周年限定をやらない代わりに、
レギュラーをブラッシュアップ中だそう。

また、かつての期間限定の、
「もち豚の肉味噌坦々麺」が、
レギュラー入りしています。

またお邪魔したいお店です。御馳走様でした。

<蛇足>
これが当店199回目のレビュー...ニアピンで惜しい。

投稿(更新) | コメント (27) | このお店へのレビュー: 14件

「[麺や 福はら] 芳醇鶏そば・塩 ¥900」@むぎくらべの写真*初対面
・9/9月〜13金の出店につき先上げ

9/11水・13時過ぎで店内待ち5番手。
麺大盛・追加トピ・ご飯物は終了後。
調理は御店主のワンオペでした。

●実食

奈良県・大和肉鶏100%とのチンタン。

食後に真骨頂を感じました。

鶏のウマミの余韻が、
舌の味蕾に長らく残るんです。

初動はジンワリ乍ら、
凄いクレッシェンドです。

その一方、惜しむらくは麺の食感。
私的には、柔らか過ぎました。

同じく奈良県の小麦を用いたとの、
茶褐色の角形・中細ストレート。

枝垂れ柳の様なしなやかさで、
スープに寄り添ってくれて、
啜り心地・喉越しは良いのですが…。

豚肩ロースと鶏胸のレアチャーは、
控えめのオトナの味付け。
それが故、肉のウマミを引き立て、
スープに馴染じんでいますね。

小松菜の茎。
コリコリと箸休めを担うものの、
その青味が物足りなく思いました。

薬味は万能ネギ。

●おわりに

自家製麺のヤワメな食感が、
好みから外れたものの、
念願の初対面を楽しめました。

いつの日にか、
大阪の店舗にお邪魔したいものです。
いつになるかはわかりませんが…。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 10件

「期間限定・羅臼昆布水の冷たい塩つけ麺 ¥900」@中華そば 七麺鳥の写真*当店初の昆布水つけ麺 (期間限定)

この7月下旬からtwitterを始めた当店。
→「中華そば七麺鳥」@Sevenbird818
それにて8/19から始った標題を知りました。


券売機右下の「限定麺」の食券を購入し、
口頭注文で以下から選べます。
・麺1.5玉 & 小ライス
・麺2玉

出汁茶漬け〆が出来る前者をチョイス。

尚、小ライスは麺を食べ終えてからの提供。
なので、この写真にはありません。

●実食

麺は御用達の浅草開化楼製で、
標題用に特注した専用麺のよう。

中〜高加水の中太平打ちで、
全粒粉率30%だそうです。

まずは喉越しがとてもエエですね。
風味もありコシも適度な良麺ですよ。

麺が浸かる昆布水はヒンヤリ。
塩ダレで味付けした羅臼昆布出汁との事。

そのまま啜ると昆布のウマミが確り。
それだけで十分に美味しい♪

昆布水つけ麺が増殖中の昨今ですが、
これはワンランク上の昆布水に思います。
その巧みな昆布使いが改めて流石かと。

塩加減はそのまま飲める匙加減です。

麺にのるトピは、低温調理の豚ロース、
枝豆、青紫蘇、梅干し。

梅干しは出汁茶漬け用にキープ。
他の各々は確りと勤めを果たします。

つけ汁は熱々での提供。
*メニュー名の「冷たい」は昆布水です。

三つ葉・白葱たっぷりの鶏清湯の塩で、
塩分濃度は、羅臼昆布水よりも高め。
キリッと引き締まり、酸味はありません。

麺を半身欲くらいでdipして啜れば、
昆布のウマミを鶏塩アクセントが追いかけ、
ツルツル・モチモチと、うんまい♪

啜り終え、半ライスをリクエスト。

ご飯を昆布水に入れ梅干しを潰すとエエ塩梅。

最後につけ汁をちょいと入れてフィナーレ。

御馳走様でした。

●おわりに

今回の予定提供期間は、
今月9月の涼しくなる頃までとの事。
お店情報にもリンクさせたtwitterで確認下さい。

尚、次回は、来年春頃〜9月辺りまでの、
夏の定番商品化を考えているそうです。

投稿(更新) | コメント (24) | このお店へのレビュー: 26件

「味玉塩SOBA ¥850」@麺屋 淳陛屋の写真*初訪問 (休止中乍らも臨時アップ)

開店は昨年11月ですが、
先日のとしくんさんのレポで初めて認識。
早速追随できました。


車椅子の男性店主さんが調理なさいます。

この時は男性店員さんとの二人体制。

店内はトイレを含めバリアフリーで広々。

写真上方にあるよう、箸のみならず、
蓮華も蓋付きの容器に入っています。

●御対面

*麺とスープ

村上朝日製麺製との麺は、低加水の細ストレート。

スープは鶏豚かなの動物&魚介の清湯の塩。
私的ジャストな熱々でないものの、許容範囲内。

まずは序盤。

麺がスープに勝ち気味と感じます。
低加水らしいパツっとした歯切れを楽しめるも、
スープはじんわりと優しい滑り出しです。

しかし、中盤以降。スープの真価が伝わります。

ウマミが段々と分厚くなっていくスープ。
それを吸いつつ段々としなやかになる麺。
これらが徐々に一体化していくのですよ。

啜るにつれ段々と惹き込まれていく展開♪

*トッピング

低温調理の豚肩ロースは、
その都度、直前にスライサーでカット。
生ハム的なしっとり感と風味を楽しめます。

那須御用卵との味玉は程よい味染みで、
黄身ゼリーのトロリ加減もナイスです。

他は、穂先メンマ、三つ葉、柚子皮、白ネギ。

●おわりに

段々と惹き込まれていく展開は、
スープのウマミのクレッシェンドが、
成せる技と申しましょうか。
高いポテンシャリティが伝わってきます。

ただ、この繊細なスープがゆえに、
もっとしなやかな高加水麺の方が、
相性良く寄り添えるのかもしれません。

大和ラーメン学校でも学ばれたそうで、
今後の自家製麺の登場にも期待したいです。

としくんさんのレポで紹介された様に、
退店時の接客までとても真摯な店主さん。

またお邪魔したくなるお店です。

御馳走様でした。

今回の訪問は8.16金曜の13時50分。
先・後客共に4名で、待ち無しでした。

ちなみに、亀有駅から向かう途中で、
「ののくら」を覗くと外待ち11名でした。

<追記>
西日暮里に、聾唖の店主さんのお店があります。
麺屋 義 (よし) で、一度伺いました。
https://ramendb.supleks.jp/review/1033055.html

先日に通りがかった際、この8月で、
3周年を迎えた旨の張り紙を見ました。

・・・石の上にも三年…。

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 1件

「くん玉塩らーめん ¥850」@麺場らせん -RASEN-の写真*気になる新店に初訪問

8.13火曜。
13時半に到着。先・後客共に2〜3名。
当日朝にリリースされた、
RAMENOIDさんのレポが引き金に。

ご本尊を同じ標題で追随しました。

RAMENOIDさんの火照った体に、
染み渡ったとの「一番搾り」中瓶は、
この後の所用の為に我慢の子。

また、ランチサービスの半ライスは、
腹八分目を思い出し?自粛で (苦笑)。

●御対面

スープは、適度に熱々。
動物系が効いたコクウマ仕立てです。

動物は大山どりと牛骨との事ですが、
牛が主演、鶏が助演と感じます。

それでいて、牛の気になるクセはなく、
助演の鶏や昆布等の乾物類が、
主役の良さを引出したかのようなスープで、
ウッシッシ〜♪と楽しめますね。

塩ダレはダシを程良く引き立てて好印象。

仕上げオイルは牛脂由来かな?(未確認)

なお、写真に写る一味唐辛子。
牛の甘味が気になったら使おう、
と思っていましたが、この時は不要でした。

麺は中〜多加水に思う細麺ストレートで、
ツルツルモチモチとスープに寄り添う感じ。
これはこれでアリに思います。
既報によれば三河屋製麺製。

くん玉。うんまいですねぇ。追加で正解です。
店内POPによれば、桜チップでの燻製だそう。
RAMENOIDさんがおっしゃるよう、
先出しでおつまみにも良いでしょうね。

豚肩ロースが2枚入り。
店内POPによれば、低温調理後の燻製との事。
わりと大判で食べ応えがあり、上質です。
くん玉と同じ薫香に思うので、桜チップかな。
但し、燻製の度合いはくん玉よりも軽め。
おそらく肉の旨味をキャンセルしない配慮かと。

他は、大きめの穂先メンマ、海苔、桜麩、青&白葱。
各々なかなかで、任務を全うしています。

スープを確りと吸わせた桜麩でフィナーレ。

●おわりに

動物系のコクや旨味を楽しめる清湯。
特に牛の長所が上手く引出されていると思います。

最近は魚介系清湯への対面が増加傾向だったので、
私的には、新鮮な感じで楽しめました。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (32) | このお店へのレビュー: 1件

「週末限定・しらすと生海苔の鯛の香りのあえそば¥900円」@中華蕎麦 瑞山(ZUIZAN)の写真*7月第3週の週末限定 (終了後)

7/20 (土)。4週間ぶり・6回目。
所用の後、15時に到着すると、
先客4〜5名でピークアウトのよう。
御店主不在も、何時通りにsmoothなり。

●御対面

麺は熱盛りで、高加水の平打ち。
佐野「島田生麺」の青竹手打ち麺で、
バスさんが仰る様、ピロピロ加減もエエ感じ♪

ピロピロ麺を啜ると、円やかな塩ダレに、
鯛が効いたダシとあぶらで、コレはうんまい♪

トピに肉類は皆無ですが、
元・肉総裁の私も十分満足。本当に(笑)。

茹でしらすはふっくら。

風味の良い生海苔。

鯛の身...おそらく蒸し鯛かな。

その付近の緑のタピオカ様の物は、
山葵味でビックリ。私はお初でした。
バスさんによれば「わさビーズ」だそう。

左上の茄子の煮浸し。
右上の一口大の高野豆腐。
共に和出汁が染みて嬉しいなぁ♪

たっぷりめの青葱の下には、
茗荷の細切りと干し海老がかくれんぼ。

これらを麺と混ぜると心憎い風味付けに...。
わさビーズや煎餅と共に、小粋な演出に思います。

以上、いろいろ美味しく堪能。

御馳走様でした。

<蛇足>
今回はハートランド中瓶で潤しました。
この翌日のバスさんは赤星中瓶でした。
この両者から選べるのも、私的に嬉しいです。

投稿(更新) | コメント (27) | このお店へのレビュー: 8件