なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おゆ・Sometimes

男性 - 東京都

俺等はドラマー♪ラオタなドラマー♪出汁とカエシが嵐を呼ぶぜ!

平均点 85.195点
最終レビュー日 2019年10月16日
1,215 308 4 21,610
レビュー 店舗 スキ いいね

「長月限定・手作り牛脂で和牛和え蕎麦 トマトを添えて」@MENYA 食い味の道有楽の写真*上には上が…

9月下旬の週末。有志で集い標題に。

A5かつBMS10以上との極上和牛は、
仙台牛のカイノミと米沢牛のボンショー。

そのミディアムレア・ステーキがドーン。

それからの牛脂に、当店ならではの塩ダレ。
そこに忍ばせた粒山椒と実山椒も心憎い演出。

総じて、上には上があるものだと感嘆♪♪

3000円でしたが、
有難き、お値打ち破格に思いました。

御馳走様でした。

なお、写真にはないコチュジャンも鉄板なり。

<蛇足:贅沢な悩み>
もはや、普通の焼肉店では満足できないかも。

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 35件

「ワンタンメン(塩)¥880&味玉¥120」@支那ソバ 小むろの写真*初訪問

約2ヶ月前の7月中旬・14時前。
中待ちシート5+外待ち4名に接続。
約40分後にカウンター席へ。


出身店のかづ屋にはない<塩>に、
肉ワンタンと味玉を付けました。

おぉ、このスープ…。

じんわりじわじわと沁み入り、
ほっこりと癒される様な塩清湯です。

複層的に味を重ねた和出汁を、
塩ダレが円やかに引き立て、
柔らかでスッキリな飲み口。

チンタンおじさんの心の琴線に触れます♪

自家製麺は高加水・角形の中細ストレートで、
プリモチ・ツルリとスープにナイス・マッチ。

具材陣も各々にハイ・レベル。

縁の赤い焼豚が2枚。
写真奥がモモ、手前がロースかな。
低温調理にはない良さを再実感。

肉ワンタンは4〜5個。
生姜風味のジューシーな肉餡に、
チュルリンな薄皮で、期待値通り。

味玉には醤油風味が良く染みています。

他は、メンマ、焼き海苔、白葱。

卓上に出身店と同じ揚げネギを発見。
ちょいと試すと、この<塩>には今ひとつ。
<醤油>の方がマッチする様に思いました。

●おわりに

回転良好とは言えませんが、
白い割烹着を纏った御店主の、
丁寧な調理ぶりを拝見して、納得しました。

丁寧乍ら澱みが皆無なのも素晴らしいし、
出身店よりお手頃価格なのも嬉しいところ。

私的には、これに、
海老ワンタンもあれば、鬼に金棒かと。
この<塩>にも、お似合いな気がして…。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (28) | このお店へのレビュー: 1件

「限定如月 横浜タンタン風(B)・メチャ辛 ¥1500他」@MENYA 食い味の道有楽の写真*和牛の旨味がギュゥと詰まった辛麺に

2/10 日曜の昼。
オジサングループ総勢4名で再訪。
美味しい餃子と極上の殻付き生牡蠣をアテに、
適度な?アイドリングを経て標題を。


青唐辛子 (写真左下) が付く、
メチャ辛でお願いしました。


和牛を使った贅沢な道有楽流タンタンで、
牛の旨味とコクがスンゴイです。

タレは塩かなと思っていたら、
としさんの既報によると醤油だったそう。

辣油が牛の甘味の良きカウンター役ですね。

Bの増し仕様にしてたっぷりの、
和牛スジ肉はトロトロのウマウマ。
人呼んで肉総裁はうっとり (笑)。
*写真右下

青唐辛子も上質で新鮮な青味。
辛味はキレのある爽やかなそれで、
チョイ辛の獅子唐の様な風味。
追加して正解でした。

自家製チャンジャでの辛味アップや
自家製ゴマーユでのタンタン感アップも、
ご店主ならではのナイス・アイデア。
*写真右上(殻付き生牡蠣も立派です)

そして、ふわふわの溶き卵が、
麺やご飯と一緒になるもんだから、
極楽の腹パンになりました。

北柏駅への帰り道は、
皆して牛歩だったとか (苦笑)。

いろいろと御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (23) | このお店へのレビュー: 35件

「C. 丸地鶏黄金スープにて 海老塩 海老蟹雲呑麺 ¥2000」@MENYA 食い味の道有楽の写真*2019年新春限定のひとつに

1/3(木)。総勢3名の有志で訪問。
13時頃の到着で中待ち4名。
早朝からの賑わいは引きつつあるよう。



新年の挨拶後に確認すると、
Cのランクアップ以外の全メニューが可能。
連食キャパはなく迷った末に標題に。

ノーマルCの海老は生の有頭赤海老が2尾。
大ぶりで新鮮で頭部のミソまでウマウマです。

地鶏清湯の分厚い旨味と、
香ばしくてコク旨な海老油が織りなす、
濃密でバンチのある塩スープに、
多加水平打ち中太麺が渡り合いうんまい♪

雲呑の餡には豚挽に海老・蟹肉・蟹味噌。
蟹味噌のビター・テイストが印象的ですが、
大きめ5個入りと私にはちょいとボリューミー。

オジサンの現実的キャパを鑑み、
2個を当店で1500レポ達成のpotiさんへ。
お返しには近江牛刺し1枚...幸せな物々交換也。

バラ煮豚はホロヤワ。
大きな木耳はコリコリ。
青葱は新鮮でシャキシャキ。

そうそう…ウーロンハイもススンダ君 (笑)。

御馳走様でした。

<追伸>
末筆ながらこの日はご店主のお誕生日。
改めておめでとうございます。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 35件

「[限定師走]活大牡蠣蕎麦 light煮干し八正返しS」@MENYA 食い味の道有楽の写真*師走の限定で素敵な宴に♪
(この限定は終了しています)

12/16 (日) 昼。総勢8名の有志で、
和食懐石的な標題を堪能しました。
有志の中でこれがトリのレビュー。


いつも通りご店主に提供の可否を確認し注文。

その詳細はワンタンマンさんの既報の通りで、
日本酒とともにキャッホーイ!!でした。
https://ramendb.supleks.jp/review/1199351.html

Sでは活牡蠣が天婦羅と生で2個ずつ。 
更に大海老1本と野菜の天婦羅付きで3000円。
その野菜はさつま芋、獅子唐、人参、茄子。

活牡蠣は陸前高田市の広田湾産の30ヶ月もの。
経験値ではトップクラスの上物でビックリ!

牡蠣を含む各食材の質の高さに加え、
天婦羅の揚げ加減が絶妙です。

衣はサクサク、具は適度な半生状態で、
風味、旨味、甘味が良く引き出され、
付属の塩を付けなくても十分に楽しめます。

蓮華の上の活牡蠣はしゃぶしゃぶ前。
その後に御機嫌な展開に♪

そのスープは本格和風仕立てのチンタン。
メニュー名のlightにあるようニボニボではなく、
アゴ・鯖が主演、鶏が助演との和出汁を、
八正醤油が円やかに返していてうんまいなぁ♪

菅野製平打ち中太縮れ麺はツルシコモチ食感。

トピは低温調理の鶏胸肉、メンマ、小松菜、葱。
新鮮な小松菜が和風仕立てに鉄板的な箸休めです。

今年一年も色々と御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (19) | このお店へのレビュー: 35件

「ゴールデンシマ腸&モヤシ餡掛けC(揚げ麺ver)計¥1500」@MENYA 食い味の道有楽の写真*11月の期間限定

11/18(日) 昼に総勢4名の有志で再訪。
烏龍ハイでうぇーい♪しつつ標題を堪能。
シマ腸が素晴らしいアテにもなりました。


標題のヴァリエーションは以下。
A. スタンダード (醤油) 1100円
B. カレースープ 1200円
C. シマ腸 増量A 1400円
D. シマ腸 増量B 1500円
揚げ麺に変更 プラス100円

上記からC・揚げ麺に変更を選択し、
ご店主に提供可能を確認した上でポチポチと。

シマ腸は大腸です。
調理前に見せて頂くと内面には縞模様。
なるほど。縞=シマなんですね。
今回は黒毛和牛の厳選シマ腸だそう。

スープの調理を拝見すると中華料理店的迫力。
強火にかけた中華鍋でシマ腸を炒め、
鶏ガラスープと鷹の爪を入れて煮込み始めて…。

ちなみに、この鶏ガラスープは、
つけ麺用の卓上ポットで用意されていますが、
水筒に入れて持ち歩きたいくらいです。

ご対面。

うん! スーパーな「モヤシ餡掛け」ですね。

うんまい♪

さらりとして口当たりが良い餡は葛餡でしょう。
少し前のチリソースの限定も思い出します。
https://ramendb.supleks.jp/review/1176020.html

揚げ麺はラード揚げの香ばしい細麺。
序盤はパリパリ。その後スープの中でしんなりに。
この食感の変化も楽しいです。

主役の和牛シマ腸は絶品♪
ジューシーな脂のコクと甘味がタマリマせん。
これはご機嫌ですねぇ!

そして、この牛脂と揚げ麺のラードが、
鶏ガラ醤油スープに馴染んでいくにつれ、
さらにコク旨なスープになっていきます。
この変化はカレーverよりも分かりやすいかも。

モヤシは程良いシャキクタな仕上がり。

大きくて肉厚な木耳やメンマが良い箸休め。

薬味には青葱。
カレーverではこれが青菜 (小松菜?) でした。

最後にライスをドボンではなく、
トポンでチョットだけよ (笑)。

●おわりに

このゴールデンなシマ腸で、
ホルモンの既成概念をまた覆されました。

脂の漢字のつくりが旨にも改めて納得です。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 35件

「9周年記念 満月鴨鉄砲&生肉鉄火小丼四獣奏」@MENYA 食い味の道有楽の写真*9周年記念の限定

●Sセット
#満月鴨鉄砲 (50食) ¥2000
#生肉鉄火小丼四獣奏 (30食) ¥1000



満月鴨鉄砲のネーミングの由来を含め、
その詳細はTくんさんの既報の通りです。
https://ramendb.supleks.jp/review/1187946.html

11/4 (日) に総勢5名の有志で訪問。
午前8時の現着で24〜28番目。
30食の丼にも幸い間に合い上記のSセットに。

周年限定は今回がお初でしたが、
月間限定とは違う出足の早さに驚きました。

その後は適宜に青空アイドリング (笑)。
この時間帯は雨天でなくて何よりでした。

Tくんさんレビューが、
その雰囲気を良く物語っています。
>パチ屋の広い駐車場という立地でしか出来ない、
>待ち時間の過ごし方。

午前10時半に開店 (早開け)。

中待席を経て正午前にカウンター席へ。

現着から4時間超えで待望の御対面。

あぁ〜♪ もぉ〜♪♪

一言で申せば、表現形はらーめんなれど、
その本質は極上の創作和食に思います。

●写真説明

写真下は鴨脂和え蕎麦。

茶入り飼料で成育する静岡の茶鴨との事。
タレの鴨脂はその皮を炙っての抽出で、
そこに当店御用達の八正醤油だそう。

写真左上は鴨治部煮汁。

秩父産合鴨に蕎麦粉を打ち、
前述の静岡茶鴨の汁の中での追い煮。
カウンター席でその行程を拝見しただけで垂涎...

写真右上は生肉鉄火小丼四獣奏。
味はたれ、醤油、ポン酢から、たれで (別皿)。

この「四獣」がこれまた凄い。

右側は飛騨和牛BMS10のシンシンで3枚も!
これだけで原価割れだそうで納得の美味さ!

左側は下から上に、
長野県の馬刺し、
上州の地鶏刺しのモモおよび胸、
北西太平洋のミンク鯨 (青葱の下)。

●おわりに

お肉データベース的レビューになりましたが、
人呼んで肉総裁にはタマラン豪華絢爛ぶり♪

総計3000円は破格に思います。
ご店主の有り難き心意気に感謝です。

御馳走様でした。
改めて9周年おめでとうございました。

<蛇足>
ボリュームある麺で遭難…しかし救世主現る!

私のヒバジ初訪問で同行願った、
若き二郎専門家でもあるPさんでした。
頼もしい仮面ライダーに見えたのは内緒 (笑)

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 35件

「限定神無月 ぶっかけ牛タン先シチューB¥2000+α」@MENYA 食い味の道有楽の写真*ワンダフルな肉祭り♪

10/14 (日) 昼。
総勢6名の麺友さんでテーブル席に。
提供の可否を確認の上で注文。



アルコール類も適宜にたっぷりめに (苦笑) 。
許可を頂き持ち込んだ赤ワインとも、
予想通りに鉄板過ぎる展開でした。

御厚意でツマミに先出し頂いた、
和牛+美明豚のハンバーグ。
割ると旨そうな肉汁と脂がジュワァ〜 (写真右下)
見ため通りにジューシーでうんまい♪
脂という字のつくりが「旨」に納得する様な逸品!

かけられたシチューソースも素晴らしいし、
付け合わせの豆苗も上物で味が濃い。

そのシチューソースは、
牛の旨味がぎゅーぎゅーに詰まった、
コクのある深い味わいです♪
少し前に堪能なさった麺友さんによれば、
牛骨を48時間じっくりと炊いたのだそう。

写真左下は、その牛骨スープで、
10時間トロ火で炊き上げたとの和牛タン先。
一言で申せば、超絶品! 仙台牛だそうです。

菅野の中太麺はさすがのジャストな茹で加減。

甘美味い人参の煮物 (左上写真5時方向)、
オニスラ、小松菜も良かったです。

尚、旨旨ハンバーグは、
写真右上の様に年甲斐も無く思わず追加。
150gが600円で追加出来たのも破格かと。

●おわりに

お肉データベース的なレビューになりましたが、
人呼んで肉総裁の私には夢の様な時間でした♪

幸せの腹パンで帰途の歩みは正に牛歩…苦笑。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 35件

「Kiri_soba(醤油)¥800&うずら味玉2個¥50」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真*「濃くのある自然な甘味の醤油味」

巻頭は蘊蓄の一文。正にその通りですね♪
ふっくらとした醤油ダレが印象的な鶏清湯。
流山本みりんも貢献しているのでしょう。
前回の<潮>よりモアベターに思いました。

うずら味玉は4個/¥100が正規ですが、
この時はラスト2個での半額。御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (17) | このお店へのレビュー: 2件

「うずらの味玉 Kiri_Soba(潮) ¥900」@The Noodles & Saloon Kiriyaの写真*念願の初訪問

9/26 (水) 。
代休の半休を利用し14時頃に現着。
看板が和菓子屋で、外待ち無しで、
危うく通り過ぎそうに...

ピークタイムを過ぎた平日でも、
7割前後の入りが続いている事からも、
その人気ぶりが伺えるよう。


15分くらいでご対面。
綺麗な盛り付けにウキウキ。

●麺&スープ

黄金色の澄んだスープには、
揚げ葱が散らされている。

自家製との麺は中細ストレート。
ややカタめでパツッと歯切れるが、
しなやかさも持ち合わせている。
風味も確りめで、中々美味しい。

スープは鶏ベースの清湯塩で、
鶏が主演、乾物や節等が助演に思える。

啜る度に葱の香りが香ばしくて心地良いね。

鶏油はやや抑えめ加減かな。
意外にあっさりめの飲み口だが、
コクは十分。オジサンの胃袋にも優しい。

スープの旨味は上品で、飲み進めるにつれ、
じわじわ広がり、じんわり染み込むタイプ。

そんなスープに合わせたかの様に、
塩ダレは円やか。丸みを帯びて甘味もあって、
その円みで出汁を優しく包み込むかのよう。

●具材

豚肩ロースは2種類の調理で共に秀逸。

ひとつは低温調理。縁にBPがかかり、
ちょいとパストラミ風のビジュアル。

もうひとつは煮豚。
ホロヤワで程良い脱脂加減。
旨味を活かす醤油加減も良いね。

メンマはシナコリと、
白髪ネギはシャキシャキと機能。

青菜が小松菜や法蓮草でなく、
豆苗とは珍しいが、お似合いだ。

うずらの卵は4個・¥100。
肩ロースの煮豚と同様、
薄めだが十分な醤油風味で、
スープに干渉しない匙加減かと。

●おわりに

高品位で上品な清湯が、
チンタンオジサン心を癒してくれました♪

尖りの無い円やか仕立てのスープに、
揚げ葱が刻む香りのアクセントも良いですね。

ただし、この時は、
後半での旨味の伸びがもう一息に思え、
惜しむらくと感じました。
贅沢かもしれない好みの話になりますが…。

他のメニューも美味しそうなので、
またお邪魔したいです。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (26) | このお店へのレビュー: 2件