なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2019年10月18日の大崎裕史の今日の一杯

群馬県「夢のや」で修業をした人が2013年11月1日独立オープン。RDBでは栃木県6位、佐野市で2位、91.85という高評価の店。ラーメンウォーカー栃木2019では総合2位。
12時37分着。店頭に名前を書いて待つシステム。私が書いた時点で23人待ち。平日なのにこれには正直、驚いた。しかし待ってる間に注文を取り、提供も早く、回転がいい。店頭に着いてから食べ終えるまでに40分は予想よりも早くて嬉しい。帰り際に待ち人数を確認したら13時17分で22人と減ってなかった。時間に関係なく常に人気というのもすごいなぁ〜。

ラーメン680円を注文。
3種類の国産小麦をブレンドした青竹手打ち麺(180g)は太さが不揃いで食感が楽しく、モチモチしておいしい。さすが人気店だけある。
修業先で知った老舗・岡直三郎商店の天然醸造醤油をスープやタレ、チャーシューなどに使用。
スープは豚骨、鶏ガラ、野菜から取ったあっさり清湯醤油。岡直三郎商店の「日本一しょうゆ」を使ったこだわりスープ。
厚めの豚バラチャーシューが二枚入り、醤油に漬け込んでおり、柔らかくてうまい。これだけでも差別化できそうな出来映え。ここ一軒だけ食べるならチャーシューメンがおすすめ。4軒食べるつもりだったのでラーメンでガマンしたのを後悔するほど。他の具はネギ、メンマとシンプル。
開店してまだ6年だが、もはや佐野屈指の人気店。素晴らしい。

お店データ

佐野青竹手打ちラーメン 大和

栃木県佐野市北茂呂町1-5
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2019年4月末現在約12,500軒、約25,500杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。