なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年9月27日の大崎裕史の今日の一杯

東京都大田区蒲田

今年オープンした東京の新店、ラーメンデータベースの上位30軒。
先日仕事で調べたのだが、せっかくなのでこちらでも紹介。
そろそろ今年のラーメン本が発売され始めているが、中にはランキングが載っているのもある。それと比較してもこの順位は遜色ない。むしろ、個人的にはかなり一致している。この中で食べてない店が2軒あったのでそのうちの一軒を食べてきた。それが「飛粋(ひいき)」。家系ラーメンということで優先順位を下げていたのと早い時期にうちのスタッフが食べに行って「今日の一杯」に挙げていたので急がなくてもいいかな、と思ってしまった次第。深く反省。
外観にも店内にも「家系」の文字は無し。店名にも「家」は無し。そのあたりを店主に聞きたかったがずっと待ちができており、しかもワンオペ体制なので聞くに聞けず。都内にはチェーンの家系が増え、逆に「家系」という名前が陳腐化されてきたのではないだろうか?元々は家系の店だったがそれを受け継ぎ、和の外観にして、味の予想が付かない店名にリニュアルしてオープン。でもラーメンの味自体は家系以外の何ものでも無い。しかも相当おいしい。麺は酒井製麺の家系の中ではやや細めの方(一般的には中太に入るかな)。これを寸胴で茹で平ザルであげる。私の時は二人が柔らかめ、二人が普通。その4人前を同時に茹でていた。
チャーシューがももとバラの2種類があり、注文はどちらかを選択しなければならない。念のため「別料金でもいいので両方のお肉を食べる方法はないですか?」と聞いてみたが「ないです」との返事。2杯食べるしかないようだ。
今回頼んだのは、特製ラーメン(もも)900円+キャベツ100円。キャベツ好きなので。
スープ、麺、どちらもよい。ももチャーシューの燻製香が素晴らしい。もちろん肉の味も濃すぎず、薄すぎず。都内では上位の家系になるのではないだろうか?バラチャーシューも食べてみたいので近いうちにまた行きたい。

都内の今年オープンした店のランキング(9月中旬調査)
1 にし乃@本三 88.94
2 鳳仙花@新宿 88.46
3 つきひ@亀戸 87.98
4 麺と未来@下北沢 86.72
5 満鶏軒@錦糸町 86.72
6 だるま@中野富士見町 86.62
7 味方@新橋 86.58
8 RAIK@方南町 85.34
9 ピコピコポン@西早稲田 85.1
10 長尾中華そば@淡路町 84.38
11 crab台風。@人形町 84.28
12 つけめん凌駕@大岡山 84.27
13 まほろ芭@蒲田 84.22
14 あす花@水道橋 84.17
15 魄瑛@東銀座 83.48
16 愛心@町屋 83.16
17 孫作@内幸町 82.93
18 ます田@練馬 82.92
19 いしかわや@国領 82.82
20 かなや@方南町 82.63
21 ぶるず@亀戸 82.17
22 志田家@阿佐ヶ谷 82.07
23 MAIKAGURA@千歳船橋 81.83
24 youlee@北綾瀬 81.55
25 多繁@上野 81.4
26 龍の眼@末広町 81.23
27 火の豚@人形町 81.14
28 飛粋@蒲田 80.98
29 あんくるてい@井荻 80.97
30 MENSHO SF@新宿 80.69

お店データ

らーめん飛粋

東京都大田区蒲田5-2-5(蒲田)

「家系ラーメン ○貴家」よりリニューアル。濃厚な豚骨醤油に麺は酒井製麺所の中太ストレート麺。

大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。